10月 2016

マンションで一括修理も

マンションのオートロックシステムを修理する際には、マンションの管理人サイドが費用を出すことが一般的ですが、どうしても費用が無いという場合や、費用を今すぐ負担することが難しいという場合、住民に相談をすることが大切です。相談をした結果、主にこれらの選択肢が出る可能性があるでしょう。

まずは、修理を諦めて、金銭的余裕が出来るまで、オートロック機能を利用しないというものです。お金がない旨を伝えて、不便をかける旨、申し訳ないと謝罪を行い、当面の間、オートロック機能が使えない状態で我慢をしてもらうというものです。こちらはあくまで究極の選択ですが、こうした選択肢を選ぶ方も多いようです。

次に、住民から少しずつお金を徴収して、修理費を出すというものです。オートロック機能を利用するために、少しずつ住人から家賃にプラスで徴収をして、修理を行うという方法です。こちらの方法は、比較的一般的だと言えるでしょう。

規模がそこまで大きくないマンションの場合は、このように、住民との相談の上で修理をどうするか決めることが多いと言われていますので、マンションの管理人の一存で決めるのではなく、トラブルを避けるためにも、出来るだけ相談をするべきであると言えるでしょう。

オートロック修理方法

マンションのオートロック機能を導入しているという所は少なくありませんが、そのオートロック機能も、場合によっては壊れてしまい、修理に出さなければいけなくなることがあります。オートロック機能が壊れたままですと、防犯面で何の意味もなくなりますので、壊れていなくても、定期的に点検に出す必要があると言えるでしょう。そんな時に依頼をするのは、オートロックを付けた業者をはじめ、修理を受け持っている企業などが挙げられます。

オートロックの設置とは異なり、基本的に修理であれば、早くて当日、遅くとも数日で修理が完了します。そのため、住人にそこまでの迷惑をかけることなく、比較的スピーディーに終えることが出来ると言えるでしょう。(もちろん、故障した状況や故障した原因にもよりますので一概には言えません)

修理を行う際には一応、事前に住人にお知らせを出しておき、もしかしたら迷惑がかかるかもしれないという旨を伝えておく必要があります。お知らせを出す際には、工事の時間や場所なども記載する必要がありますので、依頼をする際に事前に確認を取っておきましょう。

修理をする金額は、故障原因にもよりますが、そこまで高くありません。マンションの家賃を値上げしないといけないほどではない場合がほとんどと言えますので、けちけちせずに、出来るだけ早めに修理に出した方が賢明と言えます。万が一修理費が高い場合は、どこからそのお金を出すのかを事前に確認しておきましょう。